(くるり)その線は水平線

music

みなさんには好きなアーティストっていらっしゃいますか。

僕にはいつも新譜を心待ちにしているアーティストがいる。それが表題の「くるり」です。

新曲「その線は水平線」についてのお話です。

その線は水平線特設サイトへ

・HOWTOGOの系譜を受け継ぐファンダムへ向けた新たな意思表示

「その線は水平線」は、15年前に発表された「HOW TO GO」につらなるストーリーを持っていると僕は感じた。

「HOW TO GO」の歌詞

・ 「いつかは想像を超える日が待っているのだろう」
・「でも僕は君の味方だよ。いまでも小さな言葉や吐息が聞こえるよ」

というのは、自らビックムーブメントになろうとする意思表明であり、ファンへのメッセージでもあったと思う。

「HOW TO GO」から15年たった今、その彼らの現時点でのHOW TO GO(進み方)をわかりやすいメッセージではなく、より普遍的な形にして心の奥底に届けようとした。

そんな楽曲だ。

そして見事にその意図を達成している。

PVを視聴したのだが、その場から動けなくなった。

エクセルシオールカフェの窓際で、ひそかに泣いていたおっさんは僕です。

・フロントマン岸田繁のアイデンティティ剥き出しの強さ

「その線は水平線」は冒頭から大きくひずんだギターサウンドが流れ出す。

尋常じゃなくひずんでいるのだけれど、決して耳に痛くないサウンドはさすがだ。大きな海原の中にいるような推進力を感じさせる。

大きくひずんだバッキングとロングトーンのギター、ミドルテンポのBPMで構成されるサウンドは、HOW TO GOのそれとよく似ている。

そして大きな特徴は参加ミュージシャンだ。

この曲は2パターン収録で、それぞれ参加ミュージシャンが変わっている。

メインバージョンであるM1では屋敷豪太ら、くるりの岸田、佐藤の出身地でもあり制作拠点でもある「京都」を基盤にしているアーティストと組んでいる。

「HOW TO GO」と同じようなフォーマットの曲を「今のくるり」で再現した、そんな印象を受けた。

フォーマットは同じでも「現在の自分たち」を取り込むことにより、さまざまな表現ができるし、それは音楽としての絶対的な「力」を持っているという意思と自信。

京都のいう土地と、これまで岸田が追求してきたサウンドクオリティという岸田繁のアイデンティティ。

そのアイデンティティを表現することの迷いのなさが、このクレジットに現れている。

東京という曲でデビューした彼らは、東京でストレンジャーになりヒリヒリした感情を図鑑のように提示してみたが、次第に街で暮らすことになれ、TEAMでROCKし、世界は自分のものだと言えるほど成長したが、それでも世界中の音楽にアンテナを張り巡らし、ロック・ジャズを再び体現した。

ニッキのように味わい深いイギリス音楽にも手を染め、壮大なワルツを奏でた。

その後は自分たちの魂のゆくえを探し求め、言葉にならない笑顔という人間の根源的な価値に立ち戻り、東日本大地震を経て強烈な電圧を蓄え、ついには桟橋から飛び立つ唯一無二のバンドに成長した。

(この長ったらしく意味不明なセンテンス、でもファンならわかるよね?)

そんな彼らが次にやろうとしてることを「その線は水平線。」という楽曲で表現したのではないか。

歌詞の世界について見ていこう。

・ファンダムとともに進もうという意志

「その線は水平線」という言葉は、映画でいうと「ロングショット」だ。

水平線とは、ある地点から遠くに位置することであらわれる効果のことだと思う。

僕たちからは水平線に見えるけれど、その水平線に船があったとして、その乗員は決して僕らと同じ水平線は見ることができない。

水平線を作り出しているのは、自分という視点で、水平線という物体は「存在しない」

ここで、再びPVに目を移してみたい。

その線は水平線 PV

このMVは、三つの視点で展開されていく。
– カメラに向かって走っている自分
– 砂浜でスコップを持ち、穴を掘っている自分
– 砂浜でダンスを踊っている自分

僕が感じたのは、どの視点も「自分自身ではない」ということだ。

自分はその3人を移しているカメラ自体の視点だ。

水平線が「ロングショット」でしか捉えられられないという事実とよく似ている。

「何かを見ている」ということでしか、見るという主体を構築することはできない。

自分(カメラ)に向かって走っていた「自分」は、ふとその歩みを止める。

そして振り返り、水平線に向かって走り出す。

自分(カメラ)ではなく、さきにある水平線を見据えて、笑いながら、まっすぐと駆け抜けていく。

スコップで穴を掘っていた自分、ダンスを踊っていた自分は、その走りさる自分を、茫然とした表情で見送る。

おそらくその2人の自分も見えない何かを求めていた。

でも、いくら自分の中で穴を掘っても、自分の中で心を踊らせていても、水平線にはたどり着くことはできない。

水平線にたどりつく手段は、水平線に向かって「新しい靴を履いて」「地に足をつけて」「歯を食いしばって」走り続けることしかないんだ。

その先には、「幸せのオンパレード」が待っているかもしれない。

疲れたら「太陽が涙を乾かしてくれる」

そんな少し茶化したエールを送りながら、「飛び込んでしまえよ」とぐっと背中を押してくれる。

「君の前では笑顔でいたいんだ」と手を差し伸べてくれる。

水平線に向かっていった「自分」が「自分(カメラ)」からフェードアウトしてしまうとこでPVは終わる。

走り去った自分は、新しい「自分」だ。

「その線は水平線」は、くるりには珍しく「フェードアウト」で終わっていく。

水平線を目指す旅は終わらない、そのことを暗示するように。

・さあいこう、幸せのオンパレードへ

いかがだったでしょうか。

僕の文章を読むことで、少しでもこの「その線は水平線」という曲の世界が広がってくれれば幸いです。

この曲は、是枝監督の映画「奇跡」に提供される曲のリストに一度は入っていたそうだ。

そして、このPVを撮ったのは、是枝監督の助監督も務めた遠藤薫

この才能にも要注目だ。

岸田繁というミュージシャンは東日本大震災によって、「芸術」に何ができるのか、悩みに悩んだアーティストだ。

そんな岸田がたどり着いた芸術の役割は、見果てぬが「幸せなオンパレード」である水平線を、そしてそこに向かうしっかりとした「足取り」を提示すること

そして何より、そうすることで一緒に水平線まで歩いて行けるというリスナー・視聴者への圧倒的な信頼感だ。

この意志が伝わるからこそ、この曲はリスナーの心をこんなにも揺さぶるんだろう。

岸田は新曲プロモーションのラジオの中で「自分のピュアな部分を見せていきたい」と語った。

それは、リスナーへの絶対的な信頼がないとできないことだ。

どうやら31歳になった僕もようやく見果てぬ幸せなオンパレードという水平線をめがけて走りだしたようだ。

あなたも一緒に「走りまへんかぁ?」


コメント

  1. […] 目で見る介護のしかた 全ガイド amazonへ […]