失敗は行動の証!2018年の失敗総集編

work

みなさんこんにちは!テラド(@terashin1226)です。

本日は2018年12月21日です。

「ノンプロ研 Advent Calendar 2018」の21日目となります。

アドベントカレンダーもいよいよ佳境に入ってきたなぁという感じですね。

本日と明日12月22日もテラドが担当いたしますのでお付き合いください。

2018年は私にとって激動の1年でしたが、タカハシ(@ntakahashi0505)さんとの出会い、ノンプロ研への加入は大きな変化をもたらしてくれました。

それは行動を恐れなくなったことです。

とにかくぬるっと始めてみる、失敗したら軌道修正する

そう思って行動し、たくさん失敗もしてきました。

失敗は恥ずかしいもの?いやいや、失敗をさらけだせるって素敵やん。

そんな感じでテラドの2018年失敗総集編、いってみましょう!

「ライティング技術を学びました」というブログを書いて執筆陣に強調の多さを指摘される

1番直近の失敗からご紹介しましょう。

テラドが書いた前回のアドベントカレンダーの記事です。

隣ITブログ執筆で学んだハードルを下げることの重要性
2018年ノンプロ研アドベントカレンダー14日目です!ブログ「いつも隣にITのお仕事」の執筆活動から学んだ「ハードルを下げることの重要性」についてお話ししたいと思います!

「いつも隣にITのお仕事」というブログの執筆を経て「ハードルを下げることの大切さを学びました!」というかなり熱量の高い記事にはなったのですが、いかんせん「強調」が多かったw

ライティングを学びましたーという内容だったのに執筆陣にライティング技術を指摘されるという事態に…

まぁこうやって行動して、自分の傾向を知っていくことが大事ということですね!!

(いやほんとに強調は気をつけます。)

次、行ってみましょう!

転職失敗!?

次は割と重めな失敗をご紹介します。

介護職からSEに復帰

新卒で上京してから約10年間東京に住んでいたのですが、2017年の11月に介護職を辞めました。

2016年の8月に管理者として着任しやっと利用者さんやご家族からの信頼も得たところ。でもどうしても自身の介護感と会社の方針が合わず退職を決意しました。

ちょうど退職を決めたころ、前職SEをしていた頃の元同僚からLINEの連絡が入ります。

今大阪支社募集しているけど

僕も妻も介護職をしていましたが、介護は低収入だし共働きで東京都いう地で子育てをしながらこの先ずっと暮らしていくという将来像が描けない状態になっていました。

給与大幅アップのためシステムエンジニアとして復帰して、大阪に戻ることを決意します。

初日から残業!?Java未経験なのに「経験者」扱い!?

大阪に戻る1ヶ月前、「勘を取り戻すため」ということで3月から東京にあるチームの支援に入ることになりました。

SEに復帰直後、残業する気は1ミリもなかったのですがいきなりテスト工程が佳境のチームに放り込まれます

上司からは「終わらせることが仕事です」という衝撃の発言。

あかん、この業界何も変わってへん

なんとか我慢を続けて最終日まで乗り切りやっと大阪へ帰ります。

大阪ではとある保険会社のシステム開発を担当。

大阪は笑いの町…もっと笑いに溢れた楽しい現場のはずだ…そうにちがいない…!

新卒後の5年間は金融系で汎用機を使ったシステム開発。そして介護職に転職し4年のブランクがあったのですが

Java経験あり、10年目」として現場にアサインされます。

「???」

ボク、ジャバ、ヤッタコトナイヨ

Javaはなんとかなるとしても顧客より要件定義書のレビュー依頼がきて指摘しても「仕様です」の一点張り、顧客都合で残業、無駄な間接業務と疲弊し続けた結果、寛解したと思っていたパニック障害が再発します。

オフィスの階段を上っていた時、ぞわぞわと襲ってきた不安とともに動機と過呼吸…忘れていた感覚。

笑いの町大阪に帰ってきた私は「あぁやっぱりダメやんこの会社…」と乾ききったうす笑いをうかべながら休職期間に入ります。

その後復職か転職か揺れながら過ごしましたが、早く踏ん切りをつけようと次職が決まる前に2ヶ月の休職を経て退職。

やっぱり対人援助がやりたい

そう思いながら介護、支援業界を中心に就職活動を開始!

会社の都合に振り回されない、小回りが効き痒い所に手が届く支援ができる、自分の能力が発揮できる企業を探し若者の就労支援をしている一般社団法人に辿り着くことができました。

この失敗のおかげでお金のために我慢して働くことは私にはできないんだなぁと改めて実感することができました。

SEへの2回チャレンジを経たからこそ、今の仕事に出会えプログラミングを活かした若者支援という独自のスタイルを確立できたと思っています。

2018年一番冷や汗をかいた「電源コード」事件

ノンプロ研大阪が始動、第一回目の体験会&もくもく会したときです。

会場選定は私がやったのですが行ってみるとなんだか怪しげなビル。しかも当日間違えて全然違う部屋に待機していた、おまけになぜかプロジェクターの電源がない!という事態に…

詳しくはこちらの記事にまとめています。

「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会&もくもく会 in 大阪」を開催しました!
ノンプログラマーがVBA・GAS・Pythonなどのプログラミングスキルを身に着けるためのコミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」、通称「ノンプロ研」。東京を中心に開催されていましたが、この度初めて大阪で開催!渾身のレポートをお届けします!

今でも思い出すとぞわっとくるのですがスーパードライなタカハシさんに冷や汗をかかせた男ということでわたくしテラドの名はノンプロ研の歴史に刻まれた気がします。

2週間「あるもの」で頭を洗い続ける

最後にライトな失敗をご紹介してこの記事を締めたいと思います。

11月に第二子が誕生したのですが、臨月に入ってから妻は実家で療養。長女(小1)と2人での生活を3週間ほど続けることになりました。

この期間を私はプチシングルファザーと呼んでいました。

1週間ほどたったころ、シャンプーが切れたので棚にあった某L〇Xを詰め替えました。

なーんか髪の毛が軋むなぁ」と思いながら、「最近のシャンプーはこうなのかな」ぐらいに思っていました。

無事出産し戻ってきた妻からひと言。

…あのL〇X、ボディーソープやで

…ごめんよ、長女。そして大丈夫か私の頭皮。。

プチシングルファザーも無事終了、家族4人元気にシャンプーで頭を洗っています!

まとめ

いかがだったでしょうか!?

10年近く住んだ東京から大阪への引っ越し、「隣ITブログ」での執筆活動開始、ノンプロ研加入、転職とわりと怒涛の2018年でした。

2019年はさらなる飛躍を遂げるため行動し、失敗しまくり、改善を積み重ねていきたいと思っています!

最後までお読みいただきありがとうございました!


コメント