ブログ「いつも隣にITのお仕事」を卒業しました!

work

みなさんこんにちは、テラド(@terashin1226)です!

株式会社プランノーツのタカハシ(@ntakahashi0505)さんが運営されているブログ「いつも隣にITのお仕事」※通称「いつ隣(いつとな)」で2018年7月から記事を執筆していましたが、2019年4月をもって卒業しました!

終わってみればあっという間の約8か月間、「人生が変わった」と言えるほど濃厚な時間でした。

本記事ではブログを書くことによって得られた経験について、8か月間を振返りながらお伝えします。

それではいってみます!

ブログ界では「下等生物」だった

ブログを書くのは初めての経験、もちろんWordpressの操作も初めて…

執筆を始めた当初、ブログ戦闘力53万以上であろうタカハシさんからすれば、テラドは「ブログ戦闘力…たったの5か…ゴ〇め…」というレベルだったでしょう。

ブログを書き始めたころのエピソードについてはこちらをご覧ください。

隣ITブログ執筆で学んだハードルを下げることの重要性
2018年ノンプロ研アドベントカレンダー14日目です!ブログ「いつも隣にITのお仕事」の執筆活動から学んだ「ハードルを下げることの重要性」についてお話ししたいと思います!

まず、対象読者がビジネスパーソンであり「課題を解決するために検索し、ブログにやってくる」という前提を理解できていませんでした。

そんな僕が1記事目に提案したネタの1つが

かんたん構造化プログラミングのススメ!

需要は無くはないでしょうが…まず「構造化プログラミング」で検索するビジネスパーソンは皆無でしょうね…。さすが、ブログ戦闘力たったの5。

でも、30歳を超えてから自分がまったく素人の分野に挑むというのが、この時は楽しくてしかたがなかったです。

「いつも隣にITのお仕事」は道場

読者目線を鍛える

執筆チームのやり取りはオンライン、チャットワークで行います。そこでタカハシさんが記事のチェックをしてくださいます。

2019年8月~2019年3月まで、Windowsに標準搭載されているCUIであるPowerShellの記事を連載してきました。

Windowsのポチポチ業務を爆速化できるPowerShell、はじめのハードルぐーーんと下げてみます!
Windowsユーザーにとって強力な手助けとなるCUI=PowerShell。とっつきにくいですが、慣れてしまえばこれほど強力な武器はありません。はじめのハードルを乗り越えてCUIで普段の業務を爆速化しましょう!

タカハシさんからはじめに言われたのは

記事の難易度を今の1/10000にしてください!

日本一易しい記事を目指してください!

今思うと、はじめは読者のことを考えず自分の書きたいことばかり書いていた気がします。

こんな感じで始まったブログ執筆。ブログ戦闘力5の僕への指摘でチャットルームは埋め尽くされる…重力室でのトレーニングのよう。

でもすこーしずつ、すこーーしずつ歩みを進め、今はブログ戦闘力1500(ヤムチャくらい)になれたかと思います。

必要な人に、有益な情報を届ける

これがブログの本質的な価値だと思いますし、タカハシさんの指摘も「ビジネスパーソンに有益か」「完読してもらえるか」というとにかく対象読者のことを考えたものばかりでした。

ブログを続けるためのポイント

そんな中、僕も初めてヒット作を出すことができました。

Googleスプレッドシートの住所一覧をインポートし営業用のマイマップを自動生成する方法
Googleマップのマイマップという機能を使って、スプレッドシートの住所一覧から目印を一気に作成する方法をご紹介します。営業先、おすすめのショップを職場の仲間や友人と共有しましょう!

知り合いの方の「福祉業界でエコマップと言われる施設情報を地図にまとめたい」というニーズを聞いて、その方に向けてすーっと書いたところバズりました

筋力を鍛えよう!と頑張ってきましたが、「いかに狙った急所に、確実にパンチを打ち込むか」が大事だと感じられた瞬間でした。

このように記事がバズった時は、「書いてきてよかったー!」と思える瞬間で、また書こうという意欲がわきます。

しかし、重力トレーニングがきついときもありました。

その時は同じく執筆パートナーだったモリ(@moripro3)さんの存在が大きな支えになりました。

「あ、またモリさん更新したな…僕も書こう…!」

ブログに対して真摯に向き合っている彼女の存在はとても大きかったです。

僕の場合は同じブログの執筆パートナーがいるという特殊な環境でしたが、単独で書かれている方もブログを書いている人たちのコミュニティに入って仲間を作ると続けていきやすくなると思います。

なぜ「いつも隣にITのお仕事」を卒業したか

なぜ、大事な修行の場であった「いつ隣」を卒業したか。

それは単純にブログ執筆にリソースを割けなくなったから、です。

ブログ執筆を分解すると…

  • ネタ探し
  • アウトライン作成
  • 執筆
  • 校正

となかなかの重労働です。

しかも私はSEから対人援助というアナログなお仕事に転職、業務中に技術ネタのインプットができず、別途ネタを探す負荷が増大したのも卒業の一因でした。

このままではブログの品質も悪くなる…価値を出せないし本業にも集中できない。

そんな思いで卒業を決意しました。

大事なのはどう書くかより、何を書くか

タカハシさんにブログを卒業させてほしい旨を伝えたのは2019年2月。

そこから「もうちょっとライティングスキルが上がれば、他のお仕事にもつながるので…」というありがたいお言葉に甘えて、予定していた記事終了後、もう1シリーズということで執筆したのがこの記事。

スプレッドシートの処理が重い…を改善するARRAYFOMURA関数の使い方
関数が増えてGoogleスプレッドシートの処理が重い…そんな時ありますよね?先頭1セルだけ書けば複数のセルに関数の計算結果を反映してくれるARRAYFOMURA関数を使って処理を速くする方法をお伝えします!

シリーズとして3,4本書いてライティング技術を底上げ…と思っていたのですが、年度が替わりまったくリソースが割けなくなりそのまま卒業という形をとらせてもらいました。

この記事を書く前、ライティングスキルを上げるためにはじめてブログに関する書籍を読んでみました。(…今まで読んでなかったんかい)

ライティングスキルが上がってから卒業するという目的が達成できたかわかりませんが、骨子をしっかり組み立ててからブログを執筆するということが学べた良書でした。

どうやって書くかより、何を書くか」という大事なことが学べました。

10倍速く書ける 超スピード文章術
上阪 徹
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,500

こちらも良書でした。これら書籍の情報はまたブログに書きたいと思います。

まとめ

「いつも隣にITのお仕事」は、はじめてブログという分野に挑んだ僕にとって道場のような存在でした。

タカハシさんからの指摘は一貫して読者目線、だからこそ「いつも隣にITのお仕事」は月間96万PVのモンスターブログで居続けられるのでしょう。

僕自身のライティングスキルが上がったかは正直わかりません。ですが、今後もヤムチャからクリリンぐらいに戦闘力を上げるべくブログを使って発信を続けていきたいと思います!

師匠のタカハシさん、そして執筆パートナー(兄弟子)の皆様、これまでありがとうございましたー!

最後までお読みいただきありがとうございました!


コメント